対モンゴル投資NO1は中国

中国、対モンゴル投資で9年連続トップ

中国はモンゴルにとって、8年連続最大の貿易相手国かつ9年連続最大の投資元国となった。モンゴル国家統計局の統計データによると、モンゴル−中国間の2007年1〜8月貿易額は12億2千万ドルと、モンゴルの貿易総額の半分以上を占めた。

国境港湾は、両国の経済貿易協力・人員交流に極めて重要な作用を発揮した。両国は現在、通年あるいは季節限定で13の国境税関を開放しており、内訳は内蒙古自治区とモンゴル東・南部6省との間に9カ所、新疆ウィグル自治区とモンゴル西部3省との間に4カ所。このうち5カ所が、物品と人の流量の多さから通年開放されている。(編集KM)

(「人民網日本語版」2007年10月15日より引用)

たしかに、ウランバートルのスーパーなどに入っても
中国から入ってきたと思われる商品が多かった。
モンゴルは元々、共産圏だったこともあって町並みなどは
ロシア的な面もあり、西洋と東洋が混じったような
不思議な雰囲気があるのだが、
このところの中国経済の活発化で、
中国からいろいろなものが入ってきているようである。
結局、一つの国の経済が活発化すると
その周辺の国に必ず波及するのである。
そういうことは本を読むよりも、現地を歩いてみると
一番よくわかる。
| 投資

モンゴル投資の資料

モンゴルとの投資の促進および保護に関する協定の署名について


平成13年の日本とモンゴル国の協定について


少し古いデータですが
大枠は現在も変わっていません。

http://www.mofa.jp/mofaj/press/release/13/pdfs/rls_0215d.pdf

モンゴル投資セミナー情報

以下のサイトに、モンゴル投資の最新セミナー情報が
載っています。


昨日、ウランバートル銀行で税務局(MTA) 主催の
モンゴル投資セミナーが開催されました。
会場は日本語の通訳付きだったので
弊社スタッフに薦められ、最後にちょっとだけ参加してきました。
内容は、外国企業がモンゴルに投資する際の
税金問題や法律問題などについて。


(モンゴルと上海で働く和橋の日記より)
http://ameblo.jp/ad-line/theme-10003560909.html

外資は資本金1200万円必要になるのか?

「モンゴル投資ツアー」の可能性

ハーン銀行は庶民向けの銀行として、モンゴル最大の銀行である。他に2行政府系の大手銀行がある。他に小さな銀行も含めると10行以上あったと思う。預金金利は14%とか、15%とかいろいろ言われているが、私が聞いた資料では18%とある。競争が激しいからそのくらいの場合もあるのだろう。ハーン銀行のライバルはそれらの同業の他に、ノンバンクや質屋である。

ハーン銀行の一番の強みは400を超える支店網があること。あの広大な国土の隅々に支店を巡らし、それでも利益を出しているというのだから驚くばかりだ。といっても、さすがに全店がオンライン化されているわけではない。何しろ、電気も通っていない場所にもたくさんの支店があるので物理的に無理なのである。1年前の段階でオンライン化されているのは110店であった。通信衛星の技術を使って、オンライン支店の比率を高めるのを急いでいる。

さて、14%とも18%とも言われる、この高金利預金だが、日本人が預金するのは何の問題もない。ただし、現地に行かなければならない。日本とはオンラインでもつながっていない。預金するときも、引き出すときも現地に行き、現地通貨のツグリクでやり取りするのである。けれども、これだけの高金利なのだからそれでもメリットは多いと思う。

ウランバートルには往復8万円ほどで行ける。どうせ観光に行くのなら、遊んだついでに預金をして、また5年、10年後に行ったときに、預金が増えるのを楽しみにするといいのではないだろうか。ちなみに金利15%で10万円を預ければ、10年後にどれくらいになるか。計算してみると、なんと35万円あまりになる。為替変動リスクや旅行代も全部帳消しになるのでは。

そう考えると、「モンゴル預金ツアー」なるものを、旅行会社が企画するのはどうだろう。HISあたりがやる気になればいくらでもできるのでは。なにせオーナーが一緒なのだから。また10年後にはハーン銀行が韓国や日本に支店を出している可能性もある。日本に進出するとすると、HS証券がらみになるのは間違いない。
タグ:高金利

モンゴルと韓国の投資家

鉱業に関するモンゴルと韓国の投資家の
ラウンドテーブルについて

ERINA情報より

http://www.erina.or.jp/jp/Research/ej/pdf/Ej0201.pdf

モンゴル鉱業資源レポート

人口は少ないモンゴルですが、その地下には
膨大な鉱物資源が眠っています。
以下は「世界鉱業の趨勢」の記事です。


1. 2004 年の非鉄金属一般概況
モンゴル経済にとって、鉱物資源は畜産農業
に次いで重要な産業である。2004 年の鉱工業
総生産に占める鉱業部門の比率は55.4%に達し
ており、輸出構成を見ても鉱物資源は輸出額全
体の40.6%を占めるに至っている。モンゴル経
済にとって鉱業は非常に重要な産業として位置
づけられており、主な鉱産物はエルデネット銅
鉱山の銅・モリブデンを筆頭に金、石油、石炭、
蛍石などがある。

http://www.jogmec.go.jp/mric_web/kogyojoho/2005-08/mongolia_04.pdf
タグ:鉱業資源

モンゴル経済と日本

モンゴル経済と日本の関係

(イ)カシミアや銅・石炭の世界市況の好調を背景にモンゴルの貿易規模は拡大し、2005年の貿易総額は前年度比約18.9%増の約22億5千万米ドルとなった。他方、対日貿易は日本向け輸出が減ったことから減少し、2005年度の総額は約8100万米ドルにとどまった。

(ロ)日本からの民間投資は1990年以降2004年7月までの累計で178件6362.7万米ドルとなっているが、モンゴル側は日本からのさらなる投資を一貫して呼びかけている。既述のとおり、最近は南ゴビ地方における銅、金、石炭開発が世界の注目を浴びていることから、日本の大手企業による今後の大規模投資が期待される。なお、両国間の投資環境を整備するため、日本・モンゴル投資協定が2001年2月に締結され2002年3月に発効した。

(ハ)日本は、1991年以降モンゴルに対する最大の援助供与国であるほか、モンゴル支援国会合を世界銀行とともに初回から主催するなど、モンゴルの民主化・市場経済化を一貫して支援している。現在は、これまでの支援経過を踏まえて2004年11月に策定した対モンゴル国別援助計画に基づき、現地のニーズに適したより効果的な案件の形成を目指している。

(外務省 最近のモンゴル情勢と日・モンゴル関係より07年2月)

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/mongolia/kankei.html


日本人とモンゴル人は相性がいい

日本とモンゴルは昔からなぜか仲がいいというか、良好な関係が続いている。ロシアや中国との関係と比べても対照的だ。

やはり司馬遼太郎氏が言うように、日本人の祖先はモンゴルあたりから来たように思われる。そんな意識も働いているからだろうか。

日本とモンゴルが争ったのは、元寇の時と、太平洋戦争初期のノモンハン事件の時ぐらいで、それ以外はずっと良好な関係が続いている。
国民感情的にも互いに悪いイメージを持っていないのがいい。
現地でビジネスをやるにしても、日本人を基本的に敵対視している中国などより、その点はずっといい。感情的にリラックスできる。

そんなモンゴルの民主化が成功しているのは日本にとってすごくよいことだ。モンゴルは一貫して、日本に対してモンゴル投資を呼びかけているのだから、それに乗らない手はないと思われる。

モンゴルのマンション、北の大地に建設中

日本の中堅建設会社スルガコーポレーション(東証2部 本社 横浜市)が、モンゴルのウランバートル市郊外にジャパンタウンを建設中であることは、まだあまり知られていない。

88万uの広大な敷地に住宅、商業施設、オフィスから病院、学校まで備えた一つの街を建設している。

モデルルームを見たが、室内に入ると、モンゴルにいるということを忘れてしまう。ここは麻布か、六本木か、という感じである。が、窓の外を見ると、広大な青空と大地。やはりモンゴルなのだと思い知らされる。

マンションの1棟目は2007年11月完成予定。ほぼ完売。2棟目は2008年10月完成予定である。

http://www.fsg-suruga.com/index.php?module=menu&sub=1&cmd=content&menu_id=54

ウランバートルの冬の名物であるスモッグも風の関係で、ジャパンタウンには流れてこない。緑地も豊富で、澄み渡った空が開ける北の楽園という感じである。

800万円程度で家族も住める高級マンションが今後も続々と建設されていく予定である。夏の避暑地として、投資用としてオススメである。

モンゴル・ウランバートルで泊まるなら


モンゴル、ウランバートルで一番のオススメホテルは
ハーンパレスホテルだと思います。

http://www.asaresorts.com/khaanpalace.html

他にも外国人向けの高級ホテルはたくさんありますが、
ハーンパレスホテルが一番いいと、ハーン銀行の人に勧められたのだから
間違いないです。新しいホテルだからいいのです。

1泊100ドルかかります。
日本では少しいいビジネスホテルの料金ですが、モンゴル人からすれば
この値段は、1ヵ月分の給料です。

驚いたのは部屋の広さ。
日本のツインルームの3倍ぐらいありました。

スタッフも純朴でまじめそうな人ばかりで安心して泊まれました。



昭和30年代と平成が入り混じる街

昨年、ウランバートルに行って来ましたが、想像以上に都市化が進んでいたのには驚きました。

人口約100万人、モンゴル人の半数近くが集まっているこの街は今、新しい近代的な街ができつつある最中で、活気に溢れていました。もちろん、日本に比べればなにもかも後れていますが、上っていく雰囲気というものがあります。それは人々の目の輝きなどに見て取れます。

一方、つい最近まで遊牧民のゲル(テント)住まいが主流だったわけですから、後れている部分はものすごく後れています。近代化に乗り遅れた年よりはわびしい感じです。その一方で若者は携帯電話を持ち、居酒屋で飲んだりもしています。そのギャップはまさに昭和30年代と平成が同居しているかのごとくです。

こうなると若い人はゲルなどに住んでいられません。やはり近代的な家に住みたいというのが人情でしょう。

都市部では車の渋滞も発生し、日本では見なくなったスモッグがひどいです。冬は特に石炭をバンバン焚きますから。

けれども建物の中は快適です。寒冷地は寒冷地に適した暖房施設と住まいの構造があるからです。たとえば、レストランに入っても、冬は入り口近くの席だと寒いといったことが日本ではあります。

けれどもモンゴルではありません。なぜなら暖房が部屋の隅から隅まで、ぐるりと室内に張り巡らされているからです。室内は快適です。

春夏はもちろん、涼しくて、地獄のような日本とは比べ物にらならいくらい快適です。物価は日本の20分の1ぐらいでしょうか。

ということは、団塊世代が退職しますが、第二の人生の移住地として候補に挙がるということです。オーストラリアもいいですが、みんなと同じは嫌だという人が必ずいますからね。
タグ:モンゴル
にほんブログ村 先物取引ブログへ


社史制作


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。